HOME > 製品・事業(オリジナル製品) > 金型予熱装置「予熱くん」

製品・事業

オリジナル製品

「予熱くん」

「スピーディ」で「均一」な加熱を実現します。

こんなお悩みありませんか?

予熱くんにお任せください!

バーナー加熱で金型温度を測ったことがありますか? 予熱くんなら簡単・安全に解決します。

加熱に関するお悩みを解決します。

ページトップへ

深部まで確実に、金型・部品・治工具を加熱

作業前の金型予熱に!

温間・熱間鍛造金型の
初期ヒートチェックの防止

800℃~1,200℃の被鍛材を常温の金型に投入すると、その大きな温度差により金型表層部はヒートチェックによる割れが発生し、金型寿命は著しく短くなります。
そのため、作業前に金型を250℃~300℃に予熱することが大切です。(潤滑離型剤は白色系も含めて250℃前後において最も均一に厚く付着します)

冷間精密鍛造における
製品精度の安定と向上

冷間鍛造では、作業中の加工熱により金型温度が80℃~100℃まで上昇します。
金型温度が安定するまでは精度のよい製品を鍛造できないため、作業開始前に金型を100℃付近に予熱することが大切です。

焼バメ時の金型加熱に!

加熱ヘッド上で最適温度(450℃付近)のまま焼バメが簡単に行えます。炉での加熱よりも短時間で済み、作業性もよいと好評です。

金属部品の加熱・保温に!

「鍛造部品の徐冷」、「高温域での接着剤の使用」など、さまざまな用途で利用いただけます。より速い昇温のために下の写真のような保温カバーの使用が効果的です。

温度管理が容易なため、型寿命や溶接・焼きバメの作業性を向上させます。

溶接肉盛時の
金型予熱・保温・後熱に!

合金元素を多く含む硬質な素材を溶接する際、温度管理が適切でないと金型や溶材が割れてしまうことがあります。下の写真のように、加熱ヘッドの上に金型を置き、そのまま保温しながら焦らずに溶接作業が行えます。また、保温カバーや断熱材などの使用により、溶接後の後熱も行えます。

ページトップへ

専用コントローラ

デジタル式

タッチパネル式

※1 例)2014年3月25日11時15分など 但し、同時に複数のタイマーを設定することはできません。
※2 2段階(1段階目温度>2段階目温度)はオプション(無料)です。
※3 登録数を増やすことは可能ですが有料です。
※4 取り換え可能なパネル専用汚れ防止シートも販売しています。なお、パネルへの衝撃にはご注意ください。

そのほか画面上で、お客様のご要望される安全表示などを出すなどデザインのカスタマイズが可能です。

ヒートパターン登録画面

ヒートパターン登録画面

パターン選択

パターン選択

テンキーの様子

テンキーの様子

運転中画面

運転中画面

共通仕様① 3相200V30A が標準仕様です。
共通仕様② 加熱ヘッド2台用の一体型コントローラーもあります。
共通仕様③ 加熱ヘッドの温度設定は650度が上限です。
共通仕様④ コントローラー背面に安全のためシャントトリップ付きブレーカーを設置しています。

ページトップへ

オプション機器

断熱板

加熱ヘッドの下に敷いて使用すると下方向への断熱効果があり、加熱効率も向上します。

保温カバー

加熱ヘッドからの放熱を有効活用し、昇温速度を2 倍程度に速めます。

ホックチューブ

取り外しが容易な防火性のあるカバーです。溶接スパッタなどから配線を保護します。

ページトップへ

金型・治工具のことなら

加熱ヘッドのサイズはご要望のサイズをご指定ください。
(ご参考サイズ:20mm×200mm×350mm ~ 20mm×400mm×600mm)
そのほか吊り穴の加工を含めた加熱ヘッドの形状加工も承ります。

お問い合わせ先

「予熱くん」専用メール:yonetu-kun@nankaikozai.co.jp

ページトップへ